猫の症状

これでスッキリ!猫が餌を吐くけど大丈夫な理由は?

更新日:

猫はよく吐きます。

猫を飼っている方の殆どは、猫が吐く姿をみかけるはずですが、

理由はわかってますか?

猫が吐く原因には、
・毛玉吐き
・餌を変えた
・空腹
・食べ過ぎ
など、いろいろあります。

勿論あまり吐かない子もいますが、健康上問題がなくても吐きます。

しかしその後元気で食欲もあるようなら問題ないです。

 

1.毛玉吐きで吐く

毛皮の上で吐いてはダメ

猫は、毛づくろいでどうしても毛玉が胃に溜まります。

ココがポイント

そのため、定期的に吐いてしまう習性があります。

特に、

換毛期は抜け毛が多いので、毎日ブラッシングしてあげてください。

それだけでも、飲み込む毛を減らせます。

ココがおすすめ

長毛種であれば、一日2回ブラッシングしましょう。

その他、

便から排泄しやすいように、毛玉ケアの餌フードにしたり、

サプリメントを与えると、吐く量も少なくなります。

毛玉が溜まっているのは、胃の下部なので、

食道か胃の上部にある餌も一緒に吐きますが、

心配いりませんよ(^^♪

猫草をあげると、更に吐くようになる子もいます。

そういう子には、あまりあげないようにお願いします。

 

2.餌を変えたら吐く

おいおいそこは机の上だ

変えた餌が、まだ体になじんでいないと、

猫は吐くこと多いです。

獣医さんに相談しても、

「猫はよく吐くからそれほど心配いらない」と

言われるだけですから。

ココがポイント

猫は吐くもので、食欲があって元気なら問題はありません。

ただ、1日に5回以上吐いたり連日吐くのは注意して下さい。

 

3.食べすぎで吐く

吐くものをチェックします

いつもと違う餌につい興奮して、餌を丸飲みすると吐きます。

急にがっつくため吐くのです。

餌が、食道にひっかかっただけの嘔吐物は、

ふやけただけのフードの形をしていますから、すぐわかります。

また、

食べすぎた時の嘔吐物は、

消化途中のものと未消化のものが混ざります。

これも、分かり易いですね。

チャオチュールみたいなものでも、必死で食た後に吐いちゃう猫もいるくらい。

ココがポイント

対策としては、

・少し高さのある餌台にフードのお皿を置く。

・カリカリ餌の粒の大きさを変える。

・最初に少量の餌をあげ、時間をおいてから通常の量あげる。

・餌皿を早食い防止ボウルに変える。

これらで、猫が出来るだけゆっくり食べて、餌を詰まらせないように改善できます。

 

4.空腹になると胃液を吐きます

カーペットの上で吐くな

は、空腹になると透明な胃液を吐きます。

これは、お腹が空いてる印。

空腹時間が長く、餌を食べたあと吐くケース。

朝方に、よく吐く猫が多いので、そういう目で見ましょう。

吐くものがなければ、

泡状の胃液を吐くので、分かり易いかも。

この場合は、置き餌など餌のやり方などを変えて、様子を見ることをお勧めします。

 

5.黄色い液と泡を吐く

気持ち悪いので吐きそう

透明ではなく、黄色やオレンジのドロっとした液体を吐くことも。

この場合は、食道が切れたり胆汁の可能性があり、

膵炎などの心配もあるので病院へ。

また、

飲み込んだ毛が多い時に、吐いても吐いてもスッキリしない様子の場合も。

ココに注意

この時は、ムカムカしてるだけで、もうちょっと様子を見てください。

そろそろもう吐かなくなりますから、気にする必要はないですよ。

あまり回数が多かったり、毎日続いてひどいようなら、

病院へ連れて行き、消炎剤を貰えば良くなると思います。

半日くらい餌を与えず、胃腸を休めてあげるのも良い対応。

 

6.吐いた後のお掃除

高級なベッドの上は注意

正直、カーペットや寝具などに吐かれると、汚いです(T_T)

毎日のように頻繁に吐くなら、汚されると困るものは置かないこと。

掃除のしやすい状態にするのが一番です。

汚してもいい程度の安いものを、買い換える方法もありますから。

-猫の症状

Copyright© お答えします!猫のための目的別おすすめ市販餌|キャットフードの神様 , 2019 All Rights Reserved.